岩手県〜青森県  南部俵積み唄    櫛野節謡  

南部俵積み唄 歌詞

ハアー 春の初めに この家旦那様さ 七福神がお供してコラ 俵積に参りた

ハアー この家旦那様は俵積が大好きで お国はどこかとお聞きあるコラ

私の国はナーコラ 出雲の国の大福神 日本中のわたり者コラ 俵積の先生だ

 

 ハアー この家旦那様のお屋敷をば見てやれば 倉の数は四十八コラ いろは倉とはこのことか

一の倉は銭倉コラ次の倉は金倉 次のお倉は宝倉コラ次の倉から俵倉

俵倉には米を積むコラ 七万五千の御俵をば 七十五人の人足で 大黒柱を取り巻いてコラ

栓戸から千石窓から万石 ヤッコラセの掛け声でコラ 棟木までもと積み上げた

さても見事に積み上げたコラ お褒め下され旦那様コラ お祝いくだんせ嬶さま

目出度いナ目出度いナ この家旦那様は百万長者(億万長者)と申される

 

ハアー この家旦那様のお馬屋をば見てやれば 間口(まえぐち)三十三間でコラ 奥行き三十三間で

三十三間四方のお馬屋でコラ つなぎとめたる馬の毛は 一に栗毛二に葦毛コラ 三に虎斑籠鹿毛(とらぶちかごかしげ)

ハアー 中の黄金柱につなぎとめたる馬の毛はコラ 誰が付けたか大御影

 

ハアー この家旦那様の奥のお座敷見てやれば 腰の曲がったお爺様と白髪のはえたるお婆様が

千両箱に腰をかけコラ 万両箱にひじおろし 金の屏風を立てまわしコラ 金の火鉢に金茶釜

金の楊枝をくわえてコラ 金の表の御畳 でんでん甲羅の虎の皮コラ これにおすわれ旦那様

目出度いナ目出度いナ この家旦那様は 億万長者と申される

 

管理人HOME

inserted by FC2 system